生薬紹介 桂皮・桂枝とは?

『桂皮』と『桂枝』は、スパイスでも使用されるシナモンの仲間になります。なので直接においを嗅ぐとあの独特な香りを感じます。桂皮には健胃作用がありますが、あの香りから芳香性健胃薬として使用されています。
『桂皮』と『桂枝』は同じ植物からとれるものでですが、使用目的は異なるので注意が必要です。
桂皮は主に体の中から温める作用があり、温性の作用は桂枝よりも強いので、より冷えている方に適してします。
桂枝は主に体表の湿り気をとり発汗作用を促進す作用があります。桂枝そのものが発汗剤というわけではなく、汗を出すのを助けるようにイメージをもったほうがいいかもしれません。以上から漢方薬では『桂皮』と『桂枝』を使い分けて使用しています。
配合されている漢方薬では『葛根湯』、『桂枝湯』、『小青竜湯』、『桂枝茯苓丸』などが有名ですね。

桂枝

参考:原典に拠る重要漢薬 平成薬証論 著者:渡邊武 発行元:雄渾社漢方出版事業部
訓和 古方薬議 木村 長久 日本漢方醫學會出版部
公益財団法人 日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬薬剤師講座テキスト

●ハロー薬局株式会社の紹介


ハロー薬局株式会社は静岡市清水区で調剤薬局を3店舗経営しています。
保険調剤以外にも漢方相談、健康に関する相談、食養生を信念に自然食品の提供など、地域の皆様の健康を支える一旦になるべく日々業務に勤しんでいます。また県立総合・桜が丘・清水病院・静岡病院など様々病院の処方箋も受け付けます。ぜひお気軽にご利用ください!

しろくま薬局北街道店

投稿者プロフィール

morihiro
morihiro
しろくま薬局北街道店の管理薬剤師をしています。
●資格
漢方薬・生薬認定薬剤師
研修認定薬剤師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

生薬紹介 蜂蜜とは

次の記事

研修会参加について