生薬紹介 牡丹皮(ボタンピ)とは?

本日紹介する生薬は『牡丹皮』になります。
牡丹皮はボタン科のボタンの根皮を乾燥させたものをいいます。
以前、芍薬の時にご紹介したのですが、『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』という言葉がありますが、『座れば牡丹』は、女性が座ってばかりいる様子を表しており、座ってばかりいると血流が悪化し、下腹部に瘀血が溜まってしまいます。
生薬である牡丹皮は血剤として、血液中の熱を取り、血の循環、流れを改善し、固まった瘀血をとりさる効果があります。
その使用目的は、月経痛、鼻血、打撲、腰痛、頭痛、ほてり、月経不順、皮膚炎などに用いられる生薬です。
配合されている代表的な漢方薬には、加味逍遙散桂枝茯苓丸 、牛車腎気丸 、八味地黄丸 、温経湯、大黄牡丹皮湯などがあります。

牡丹皮

参考:原典に拠る重要漢薬 平成薬証論 著者:渡邊武 発行元:雄渾社漢方出版事業部
訓和 古方薬議 木村 長久 発行元:日本漢方醫學會出版部

漢方薬・生薬薬剤師講座テキスト 発行元:公益財団法人 日本薬剤師研修センター
 薬膳・漢方食材&食べ合わせ手帖 発行元:西東社
現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 発行元:翔泳社

●ハロー薬局株式会社の紹介

ハロー薬局株式会社は静岡県静岡市清水区内にて調剤薬局を3店舗経営しています。
保険調剤以外にも漢方相談健康に関する相談食養生を信念に自然食品の提供など、地域の皆様の健康を支える一旦になるべく日々業務に勤しんでいます。また静岡県立総合病院・桜が丘・清水病院・静岡市立静岡病院など様々病院の処方箋も受け付けます。ぜひお気軽にご利用ください!

しろくま薬局楠店

投稿者プロフィール

morihiro
morihiro
しろくま薬局北街道店の管理薬剤師をしています。
●資格
漢方薬・生薬認定薬剤師
研修認定薬剤師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。