生薬紹介 茯苓(ブクリョウ)とは?

本日紹介する生薬は茯苓(ブクリョウ)になります。
『茯苓』はサルノコシカケ科、マツホドの菌核の外皮を剥いて輪切りにしたものをいい、いわゆる『きのこ』のようなものです。
茯苓は、中国最古の薬物書である『神農本草経』では上品に分類されている生薬で、水分代謝に関与している生薬の一つです。
その作用は、体内に余分に溜まっている水分を体外に排出する働き(利水作用)にあります。特に『胃内停水』という、胃に溜まっている余分な水を血液に送ることで、お小水から体外へ水分を排出します。結果として、胃の冷えをとり、消化管機能の改善、むくみ・めまいなどを改善させます。
茯苓単体では効果が薄いため、他の利水効果のある生薬の『朮』・『猪苓』・『沢瀉』などと共に漢方薬に配合されていることが多い生薬です。特に日本の気候は、多湿のため、皮膚からの水分代謝が悪いので、こういった生薬で、余分な水分を体外で排出する必要があります。
また、おへそそ少し上のあたりを押すと動悸を感じたり、胃がちゃぽちゃぽ音がするのを感じる人は、胃の中に水が溜まっているため、茯苓の証の一つとしてとらえることができます。
茯苓の配合されている代表的な漢方薬には、『桂枝茯苓丸』・『苓桂朮甘湯』・『十味敗毒湯』・『釣藤散』・『五苓散』などがあります。

茯苓(ブクリョウ)

参考:原典に拠る重要漢薬 平成薬証論 著者:渡邊武 発行元:雄渾社漢方出版事業部
訓和 古方薬議 木村 長久 発行元:日本漢方醫學會出版部

漢方薬・生薬薬剤師講座テキスト 発行元:公益財団法人 日本薬剤師研修センター
現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 発行元:翔泳社

●ハロー薬局株式会社の紹介

ハロー薬局株式会社は静岡県静岡市清水区内にて調剤薬局を3店舗経営しています。
保険調剤以外にも漢方相談健康に関する相談食養生を信念に自然食品の提供など、地域の皆様の健康を支える一旦になるべく日々業務に勤しんでいます。また静岡県立総合病院・桜が丘・清水病院・静岡市立静岡病院など様々病院の処方箋も受け付けます。ぜひお気軽にご利用ください!

しろくま薬局北街道店

投稿者プロフィール

morihiro
morihiro
しろくま薬局北街道店の管理薬剤師をしています。
●資格
漢方薬・生薬認定薬剤師
研修認定薬剤師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。