生薬紹介 半夏(ハンゲ)とは?

本日紹介する生薬は『半夏(ハンゲ)』になります。
半夏は日本にも広く分布しているサトイモ科カラスビシャクの球茎の外皮を除いて乾燥させたものをいいます。
その名称の由来の一説には夏の中頃(半夏生)のころに採取する薬草だからと言われています。
中国最古の薬物書である『神農本草経』では下品に分類されている生薬の一つで、半夏単体では弱い毒性とえぐみと刺激性があるため、漢方薬に配合するときは生姜とセットで使用されます。生姜を一緒に配合することで胃を保護し、その毒性を緩和し、効果を高めることができます。
半夏の代表的な効能には、去痰作用・吐き気止めなどがあります。その作用は体の中に溜まった余分な水分を排泄することであり、その作用部位は胃の上部といわれています。炎症を取り、余分な水分を抜くことで様々な作用をしめす生薬の一つです。
そんな半夏が含まれている代表的な生薬には、小青竜湯・半夏厚朴湯・半夏瀉心湯・半夏白朮天麻湯・六君子湯・二陳湯などがあります。

半夏(ハンゲ)

参考:原典に拠る重要漢薬 平成薬証論 著者:渡邊武 発行元:雄渾社漢方出版事業部
訓和 古方薬議 木村 長久 発行元:日本漢方醫學會出版部

漢方薬・生薬薬剤師講座テキスト 発行元:公益財団法人 日本薬剤師研修センター
中医処方解説 神戸中医学研究会編集 医歯薬出版株式会社
現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖 発行元:翔泳社

●ハロー薬局株式会社の紹介

ハロー薬局株式会社は静岡県静岡市清水区内にて調剤薬局を3店舗経営しています。
保険調剤以外にも漢方相談健康に関する相談食養生を信念に自然食品の提供など、地域の皆様の健康を支える一旦になるべく日々業務に勤しんでいます。また静岡県立総合病院・桜が丘・清水病院・静岡市立静岡病院など様々病院の処方箋も受け付けます。ぜひお気軽にご利用ください!

ハロー薬局押切店

投稿者プロフィール

morihiro
morihiro
しろくま薬局北街道店の管理薬剤師をしています。
●資格
漢方薬・生薬認定薬剤師
研修認定薬剤師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。