生薬 黄苓【オウゴン】とは?

黄苓【オウゴン】について

・黄苓はシソ科のコガネバナの周皮を除いた根を乾燥させたものです。コガネバナは右の写真の生薬からは想像ができない、青~紫色の花を咲かせます。根の色が黄色なので黄苓なんですね。

・主成分
バイカリン・オウゴニンなど

・生薬の薬能
清熱燥湿・瀉火解熱・安胎
※清熱:清熱は身体の内部の熱を冷ますこと、
※安胎:妊娠を安定させること
※瀉火:熱が過剰な状態

・代表的な副作用
肝障害・間質性肺炎

・黄苓が含まれている漢方薬
柴胡桂枝湯・小柴胡湯・柴苓湯など

黄苓の写真

参考:漢方薬・生薬薬剤師認定講座テキスト1

投稿者プロフィール

morihiro
morihiro
しろくま薬局北街道店の管理薬剤師をしています。
●資格
漢方薬・生薬認定薬剤師
研修認定薬剤師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

生薬って何?