腎虚とは?

●漢方における『腎』は、腎臓だけをさすのではなく、腎臓・副腎・膀胱・生殖器を含めた総称のことをいいます。腎臓は水分の代謝にかかる臓器ですが、漢方における腎は成長・発育・生殖・老化などにおいても関わるとされています。腎虚はこの腎が虚の状態、つまり、衰えているいる状態のことをいい、腎は年齢ととも衰えて様々な症状をもたらすことがあります。中年以降にみられることが多いですが、もちろん若年層方にも該当する場合があります。

●腎虚の代表的な症状
・体がだるい、疲れやすい
・目が疲れやすい、かすむ
・トイレが近い、回数が増えた
・耳鳴り・めまい
・腰痛
・足のしびれ
・肌のかゆみ


●またこの腎虚の症状に対し、腎を補う効果のある漢方薬を補腎薬といいます。
六味丸・八味地黄丸・牛車腎気丸・杞菊地黄丸などが該当します。

投稿者プロフィール

morihiro
morihiro
しろくま薬局北街道店の管理薬剤師をしています。
●資格
漢方薬・生薬認定薬剤師
研修認定薬剤師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

杞菊地黄丸とは?

次の記事

『瘀血』とは?