五苓散とは?

先日、とある病院から頭痛を訴える患者さんに、漢方薬の『五苓散』が処方されていました。
皆様の中にも聞いたことがあったり、飲まれたことがある漢方薬かなと思います。
今日はその五苓散について取り上げていこうと思います。

●五苓散(ごれいさん)
五苓散は利水剤として水滞に用いられる代表的な漢方薬として有名です。(水滞については以前のブログ参照)
主にめまい・嘔吐・下痢・二日酔・むくみなどに使われます。
配合生薬は【茯苓・白朮(蒼朮)・沢瀉・猪苓・桂皮】になります。生薬を見るほとんどの生薬が水分代謝に係るものとなっていますね。
猪苓・白朮(蒼朮)・沢瀉・茯苓は利水作用(水分代謝の調節)の生薬で、朮などは胃腸機能の改善の効果も持っています。茯苓は全身から余分な水分の代謝を助けます。桂皮は体を温め、末梢血管を拡張し、血のめぐりをよくする効果があるので水分代謝を助けています。
漢方薬の中でも即効性のある漢方薬になります。
余分な水分をだすことによって様々な体調の不調を改善する漢方薬になるんですね。

参考 翔泳社:現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖
講談社:かんたん薬膳
公益財団法人:日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬薬剤師講座テキスト
薬膳コンサルタント認定講座:薬膳の基礎と漢方論

●ハロー薬局株式会社の紹介


ハロー薬局株式会社は静岡市清水区で調剤薬局を3店舗経営しています。
保健調剤以外にも漢方相談、健康に関する相談、食養生を信念に自然食品の提供など、地域の皆様の健康を支える一旦になるべく日々業務に勤しんでいます。また県立総合・桜が丘・清水病院・静岡病院など様々病院の処方箋も受け付けます。ぜひお気軽にご利用ください!

投稿者プロフィール

morihiro
morihiro
しろくま薬局北街道店の管理薬剤師をしています。
●資格
漢方薬・生薬認定薬剤師
研修認定薬剤師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

『水滞』について

次の記事

葛根湯とは?